歯医者と患者

新たな治療

歯磨き粉

入れ歯やブリッジに続く新たな義歯の登場

虫歯や歯周病、あるいは事故やそれに伴う怪我により、歯を抜いた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。 抜歯した歯を補うための処置として、入れ歯・差し歯・ブリッジなどが主なものとして知られていますが、近年はインプラントも登場し、選択肢が広まっています。 入れ歯やブリッジは、抜歯した部分の両側の歯や歯茎に、留め金などを用いて支える義歯を装着します。 保険が適用される処置であることから、多くの人が利用していますが、留め金部分に負担が掛かることから、定期的なメンテナンスを行なうことが適切とされています。 昨今注目されているインプラントは、留め金を用いない義歯と言う、新たな方法を用いていることから、人気を集めています。

気になる治療費と最近の傾向

インプラントは、金属製のボルト状の義歯を、直接歯茎に埋めこむタイプの治療となります。 そのため、歯科クリニックにおいて外科的手術を施す必要があります。また、歯茎やあごの骨の状態によっては、難しいケースもあることから、インプラント治療を行うには、歯科医師と入念に相談する必要があります。 また、インプラントは保険が適用されない治療となることから、治療費もある程度高額となることが予想されます。 インプラント治療を行う歯科クリニックでは、見積書の作成なども含めて、治療に要する費用についても説明がされます。 昨今はインプラント治療が人気を集めていることから、かつては1本100万円程が相場と言われていた費用が、10万円台でも可能なケースもあります。

Copyright © 2015 健康的な口内環境を手に入れる{技術の進歩は素晴らしい}. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加